ニュース
» 2007年01月05日 07時38分 UPDATE

SanDisk、容量32GバイトのSSDを開発

SanDiskが32GバイトのフラッシュメモリSSDを開発。従来のハードディスクドライブの置き換えを狙う。

[ITmedia]
yu_sandisk.jpg

 米SanDiskは1月4日、容量32Gバイトの1.8インチSolid State Disk(SSD)をOEM向けに出荷開始したと発表した。ノートPC向けハードディスクドライブの置き換えを目指す。

 新SSDは、SanDiskのTrueFFSフラッシュマネジメント技術によるNAND型フラッシュメモリを採用、MTBF(平均故障間隔)は200万時間を実現するという。同社によると、読み出しレートは毎秒62Mバイト、データ処理回数は512バイト転送で7000IOPS(inputs/outputs per second)。またファイルアクセスレートは0.12ミリ秒を達成しているという。

 一方で稼働中の消費電力は0.4ワットと低く、電池駆動時間の延長に貢献する。

 ただし当面はコストが高いことから、2007年前半の新SSD搭載ノートPCの価格は、従来のハードディスク搭載機種と比べ600ドル程度高くなるとSanDiskは見積もっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -