ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年01月09日 08時51分 UPDATE

MS月例パッチは4件のみ

Microsoftは1月の定例パッチの件数を、当初予定していた8件から4件に減らした。

[ITmedia]

 Microsoftは米国時間1月9日(日本時間10日)の月例セキュリティアップデートでリリースする更新プログラムの本数を、当初予定していた8件から4件に減らした。

 米Microsoftは1月4日の時点で合計8件のセキュリティアップデートをリリースすると予告していたが、5日になって、4件のみの公開になると改めた。残る4件は後日公開する予定だという。

 9日にリリースされる4本の内訳は、Windows関連(最大深刻度「緊急」)が1件と、Office関連が3件(同)となる。Visual Studio関連(同「重要」)など残る4件の更新プログラムは当面リリースが見送られた。

 悪意のあるソフトウェアの削除ツール更新バージョンも9日に併せて公開予定。

 なお、年が変わったため、セキュリティ情報の番号は「MS07-001」からスタートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.