ニュース
» 2007年01月10日 08時11分 UPDATE

Macworld Expo 2007:スペックが明らかになったApple製STB「Apple TV」

2月発売のApple TVは40Gバイトハードディスクを備える。その使い道は……。

[ITmedia]

 Apple Computerは1月9日、Macworld Expoの基調講演でMacおよびPCのコンテンツをテレビで視聴可能にするセットトップボックス、Apple TVを正式発表した。この製品は昨年9月にiTVというコードネームで紹介されていた。価格は299ドル(日本では3万6800円)で、2月の出荷を予定。Apple Storeでは既に予約を受け付けている。

 正式発表に当たって40Gバイトのハードディスク搭載が明らかになった。MacやPCのiTunesライブラリの一部をApple TVのハードディスク内に読み込み、そこから再生させる仕組み。メディア領域は33Gバイト。

 ネットワークは10/100BASE-Tイーサネットと802.11n(802.11b/gに対応)を搭載。ワイヤレスビデオストリーミングを使用する場合には802.11gまたは802.11nが必須。

 Apple Remoteを同梱し、USB 2.0ポートも備える。AV出力としては、HDMI、コンポーネントビデオ、アナログオーディオ、オプティカルオーディオの端子が用意されている。

yu_itvwithstick.jpgyu_itvback.jpg

 なお、利用可能なiTunesのバージョンは7.1となっている(現在の最新版は7.0.2)。MacやWindowsマシンのiTunesライブラリとの同期ルールを一度セットすれば、あとはiTunesライブラリ側で変更される度にApple TV側のコンテンツも更新される。例えば、未見の映画を10本、常にApple TV側に保存しておくといった使い方が可能。

 サポートする音楽/ビデオフォーマットはiTunesおよびiTunes Storeに準ずる。ビデオの最大解像度は640×480。

 対応するコンピュータはMac OS X 10.3.9以降、Windows XP SP2のいずれか。

 なお、対応するテレビは1080i、720p、480pの高画質または高精細ワイドスクリーンとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -