ニュース
» 2007年01月19日 08時08分 UPDATE

Wikipedia専用検索エンジン「Wikiseek」が登場

オンライン百科事典サイトWikipedia専用の検索エンジンが登場した。WikipediaとWikipediaからリンクが張られているサイトだけが検索対象となっている。

[ITmedia]

 新興企業米Searchmeは1月17日、オンライン百科事典サイトWikipedia専用の検索エンジン「Wikiseek」の立ち上げを発表した。Wikiseekはサイトとして、またFirefoxブラウザのアドオンとしても利用できる。アドオンでは、Wikipedia本来の検索枠をWikiseekのものに変更する。

wikiseek サイト型のWikiseek

 Wikiseekサイトにはキーワード広告が表示される。Wikiseekはサイトの広告収入の大半を、Wikipediaを運営するWikimedia Foundationに寄付することを明らかにしている。

 リリースされたWikiseekはβ版で、ユーザーからのフィードバックや新規に追加されたWikipediaページをもとに改良、更新を続けていく予定。WikiseekはWikipediaの編集者らが承認したページのみを検索対象とするため、検索エンジンスパムによる誤った検索結果表示を大幅に減らすことができるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -