ニュース
» 2007年01月23日 08時09分 UPDATE

Googleのフィッシング対策リストで情報流出の懸念

Googleのフィッシング対策用「ブラックリスト」に、ユーザー名やパスワードなどの個人情報が含まれていたことがFinjanの指摘で分かった。問題は既に修正されている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の米Finjanは1月22日、Googleの「フィッシング対策用ブラックリスト」に、ユーザー名やパスワードなどの情報が含まれていたと発表した。この「ブラックリスト」の閲覧にはアクセス保護はかけられておらず、個人情報の盗難などに悪用される恐れがあったという。現在のリストには、こうした個人情報は含まれていないとしている。

 Finjanは2007年1月3日、Googleサーバ上にあるURLリストに個人情報が含まれていることを発見し、すぐにGoogleに報告した。Googleはこれを受けて問題を修正したという。

 Finjanでは、個人情報は、Googleのフィッシング対策用のブラウザ拡張機能を通じて収集されたものと見ている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -