ニュース
» 2007年01月26日 08時52分 UPDATE

Googleの対処間に合わず、ブラックリストの個人情報流出

フィッシング対策用ブラックリストに個人情報が含まれていた問題で、Googleの対処は既に遅く、個人情報がネットで出回っていた。

[ITmedia]

 Googleのフィッシング対策用ブラックリストにユーザーネームやパスワードなどの個人情報が含まれていた問題で、セキュリティ企業のMcAfeeは、Googleが手を打つ前にリストの一部が出回っていたと明らかにした。

 問題のブラックリストは、Googleが詐欺目的と見られるURLの一覧を作成し、ネットで公開しているもの。Firefox向け拡張機能のGoogle Safe Browsingで利用され、Google ToolbarのFirefox版にも組み込まれているという。

 このブラックリストにユーザーネームやパスワードなどの情報が含まれていることが先日発覚し、Googleが問題の情報を削除していた。

 しかしMcAfeeで検索エンジンを使って探したところ、Googleが対処する前に出回っていた一部リストのコピーが見つかったという。

mcafee_googleblist.jpg Web上に公開された一部リストのコピーの情報。McAfee Avertのブログより

 ネットで個人情報の入力を求められることがますます増える中、その情報が簡単にインターネットで公開されかねないことが、今回の件で示されたとMcAfeeは指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -