ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年02月07日 08時16分 UPDATE

P.A.Semi、低消費電力プロセッサをサンプル出荷開始

P.A.Semiが、Powerアーキテクチャを基盤とした低消費電力プロセッサのサンプル出荷を開始した。

[ITmedia]
yu_semi.jpg PA6T-1682M PWRficient

 米P.A.Semiは2月5日、IBMのPowerアーキテクチャをベースとした低消費電力プロセッサ「PA6T-1682M PWRficient」のサンプル出荷を開始したと発表した。新プロセッサは動作周波数2GHzで、通常時で5〜13ワット(最高で25ワット)まで消費電力を抑えることに成功しており、競合他社のプロセッサと比べ電力効率が3倍から4倍優れているという。同社は2005年秋に、新プロセッサシリーズPWRficientの開発を明らかにしている。

 PA6T-1682Mは65ナノメートル(nm)プロセス技術による64ビットのデュアルコアプロセッサ。2GHzのデュアルコア、2Mバイトの2次キャッシュ、2つのDDR2コントローラ、セキュリティ機能、CRCチェックサム、8つのPCI Expressコントローラなどを備える。

 またP.A.Semiは顧客向けに、PWRficient評価キット(PAEV-1682M-001)、参照ファームウェアソースコード、ソフトウェア開発キットなどを提供する。

 PA6T-1682Mの量産開始は2007年第4四半期の見通しで、現在出荷中のサンプルの価格は700ドル。評価キットの価格は8500ドル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.