ニュース
» 2007年02月14日 07時44分 UPDATE

米新興企業Veoh、ビデオ配信プラットフォームを正式公開

YouTube、Google Video、MySpaceなどのビデオ配信サイトやSNSへも自動的に掲載することができる。

[ITmedia]

 米Veoh Networksは2月13日、ビデオ配信サイトwww.veoh.comを正式公開した。Veohのサイトにビデオをアップロードすると、YouTube、Google Video、MySpaceなどの主要ビデオ配信サイトやSNSへも同じビデオを自動的に配信することができる。Veohは2005年9月からβ版のテストを行ってきた。

 正式公開にともない、SNSのFacebook、ビデオ配信者自身のブログ、RSSフィード、iPod、Windows Mediaプレーヤーにも対応。1回のアップロードで、さらに多くのネットユーザーへのビデオ配信が可能になった。

 また配信者側はVeohのクロスサイト報告機能により、コンテンツがどのサイトでどれだけ視聴されたかを管理できる。

 一方視聴者側は、Veohのサイトからストリーミングで視聴、またはVeohの仮想デジタルレコーダー「Veoh Player」にダウンロードし、いつでも好きなときに視聴できる。Veoh PlayerはVeohだけでなく、ほかのサイトからもビデオをダウンロード、視聴できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -