ニュース
» 2007年03月02日 16時57分 UPDATE

時限爆弾処理で目覚める朝

「ちぃっ、どの線だ……!?」という時限爆弾処理にお決まりのシーンを毎朝味わえる、という意味不明に刺激的な目覚まし時計が発売される。

[ITmedia]

 毎朝の目覚ましはマンネリ気味。スヌーズにも慣れちゃったし、置き場所を毎日変えてみたりもしたけれど、どうも刺激が足りない──と意志の弱さを言い訳しつつ、スリリングな目覚めをお求めのあなたに朗報だ。バンプレストが3月中旬に発売するのは“時限爆弾”をイメージした目覚まし時計。起爆装置を爆発直前に解除する、お決まりのハリウッド映画的な爆弾処理班に毎朝なりきれる。

photo (C)BANPRESTO

 新商品は「起床装置 DANGERBOMB CLOCK」(税込み3129円)。セットした時刻の3分前になると「3分前」、1分前になると「1分前」とアナウンスが流れ、10秒前からカウントダウンがスタート。何もしないと爆発(音)だ。

 爆発させないためには赤・青・黄の3本のコードのプラグを抜いて装置を止めるしかない。しかしどの線を抜けば止まるのかは毎日変わるため、「ど、どの線だ?」という例のシーンを毎朝味わえる(運悪く間違ったコードを抜いて爆発させた場合、付け直して改めて正しいコードを抜けば解除できる)。

photo

 「刻々と迫るカウントダウンと、慌てて間違った線を抜けば爆発する緊迫感が、目覚めの弱いサラリーマンやOLの眠気を覚まさせます」と同社。20〜30代の男女をターゲットに年間1万5000個の販売を見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -