ニュース
» 2007年03月06日 10時22分 UPDATE

Apple TV対応、全画面Cover FlowのiTunes 7.1が登場

Appleのセットトップボックスに対応し、テレビでiTunesが使えるようになる。

[ITmedia]

 米Appleは3月5日、iTunesの最新版であるiTunes 7.1を公開した。同社のWebサイトおよびオンラインアップデートによりダウンロードできる。新版は、Apple初のセットトップボックスであるApple TVに対応している。

 iTunes 7.1では、環境設定にApple TVの設定項目が追加された。Apple TVを検索し、iTunesへの接続を許可するかどうかを設定することができる。

 ジャケットをめくるようにアルバムをブラウズできるCover Flowは、全画面表示が可能になった。

itunes1
yu_itunes2.jpg

 ペアレンタルの項目ではレーティングの対象国(米国、カナダ、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)が設定可能になっている。現在、米国以外では映画やテレビコンテンツの販売は行われていないため、英国やオーストラリアなどで販売が始まる可能性が出てきた。

 楽曲の並べ替えは、「並べ替えフィールドの適用」が右クリックで表示されるなど細部で改良されている。

 iTunes 7.1とともに、QuickTimeは脆弱性に対処した新版がリリースされている。

 iTunes 7.1はMac OS X 10.3.9以降、Windows 2000およびWindows XPに対応。Vistaへの対応は明らかになっていない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -