ニュース
» 2007年03月20日 07時16分 UPDATE

Vistaの「ライセンス移行回数無制限」、アップグレード時にも適用

Windows Vistaを店頭で購入した後、Windows Anytime Upgradeプログラムでアップグレードした場合も、ほかのマシンに回数無制限で移行できるようになった。

[ITmedia]

 米Microsoftの「Windows Vista」のエンドユーザーライセンス規約に、一部変更が加わったことが、3月16日、公式ブログで明らかになった。

 店頭販売版のVistaを購入したユーザー(ライセンス保有者)は、Vistaをインストールしたマシンから「Vistaをアンインストールした後」であれば、何度でもほかのマシンにVistaをインストールして使用することができる。今回の変更は、店頭販売版を購入した後、Windows Anytime Upgradeプログラムを利用して上位エディションのVistaにアップグレードした場合にも、この「移行回数無制限」の適用範囲を広げるというもの。「複数の端末でライセンスが共有されていない限り」、移行回数には制限を加えないとしている。

 この規約変更はすぐに適用され、今後のエンドユーザーライセンス規約にも織り込まれるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -