ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月19日 16時50分 UPDATE

Home Basic→Home Premiumは9800円 「Anytime Upgrade」国内サービス発表

Windows Vista上位エディションにオンラインでアップグレードできる「Anytime Upgrade」の国内価格を発表。Home BasicからHome Premiumへの参考価格は9800円。

[ITmedia]

 マイクロソフトは1月19日、Windows Vistaの上位エディションへのアップグレードライセンスをオンラインで購入できる「Windows Anytime Upgrade」を、同OSを発売する1月30日から提供すると発表した。「購入後でも、ニーズに適したエディションのVistaを柔軟に入手できる」としている。「Home Basic」から「Home Premium」へのアップグレード参考価格は9800円(税抜き)。

 Windows Vistaは複数のエディションに分かれており、一般消費者向けは「Ultimate」と「Home Premium」「Home Basic」の3種類。同OSの特徴となっている新GUI「Aero」はUltimateとHome Premiumのみで利用でき、Home Basicでは使えないなど、エディションによって機能制限がある。

 Anytime Upgradeは、例えばHome Basic搭載PCを購入したユーザーがUltimate、Home Premiumの機能を使いたい場合に、アップグレードライセンスをオンラインで販売するサービス。アップグレードパスはHome Basic→Home Premiumと、Home Basic/Home Premium/Business→Ultimate──を用意した。

 スタートメニューから呼び出し、アップグレードしたいエディションを選び、購入手続きを済ませると、ライセンスキーをダウンロード。ライセンスキーと、購入したPCに同梱されているAnytime Upgradeディスクを使うとアップグレードが行える仕組みだ。アップグレード過程では、現在の設定やプログラム、ファイルなどは変更されないとしている。

 アップグレード料金はオープン価格。参考価格は以下の通り。

- 参考価格(税抜き)
Home Basic→Home Premium 9800円
Home Basic→Ultimate 2万3800円
Home Premium→Ultimate 1万8800円
Home Business→Ultimate 1万6800円

 1月30日時点でアップグレード用ライセンスキーを販売するのは、エディオン、ソフマップ、東芝、NEC、PCデポ、ビックカメラ、富士通、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、レノボ・ジャパン。

 また、Windows Vistaパッケージ版を、CD-ROMか64ビット版インストールメディアで提供することも発表した。Vistaパッケージ版は32ビット版のDVD-ROMとして販売するが、DVD環境がないユーザーや、64ビットプロセッサ環境のユーザー向けに、購入後にWebから別メディアの申し込みを受け付ける。配送手数料1050円(税込み)が必要。プリインストール版やDSP版、ボリュームライセンスは対象外。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.