ニュース
» 2007年03月24日 07時59分 UPDATE

EFF、Viacomを「言論の自由侵害」で提訴

ViacomがYouTubeに削除を求めたビデオの中に著作権侵害に当たらないものがあったとして、電子フロンティア財団がViacomを提訴。Viacom側は、当該ビデオの削除は要請していないとしている。

[ITmedia]

 電子フロンティア財団(EFF)は3月22日、メディア大手の米Viacomを、言論の自由に反する行為を行ったとして連邦裁判所に提訴した。ViacomがYouTubeに10万本以上のビデオクリップの削除を要求した際、著作権を侵害していないビデオクリップ「Stop the Falsiness」が削除された。EFFは、損害賠償と差し止めのほか、「Stop the Falsiness」が著作権を侵害するものではない、との確認判決を求めている。

 問題のビデオクリップ「Stop the Falsiness」は、米MoveOn.org Civic Actionと米Brave New Filmsが制作。Viacom傘下のComedy Centralで放映されたテレビ番組「The Colbert Report」のパロディーで、番組のホストであるスティーブン・コルバート氏に関するオリジナルのインタビューのほか、番組内の動画が一部使用されていた。「Stop the Falsiness」は、2006年8月にYouTubeに投稿されたが、2007年3月、Viacomによる削除依頼を受けて削除された。

colbert 削除された「Stop the Falsiness」

 EFFの提訴に対しViacomは、「Stop the Falsiness」の削除を要請した記録はなく、「このビデオをレビューしたが、YouTubeに掲載することにまったく問題はない」と記した書簡をEFFに送っている。

 EFFはまた、デジタル・ミレニアム著作権法(DMCA)の下では「著作権侵害だと主張するだけで、実際に不正が証明される前にコンテンツを削除し、制作者を黙らせることができてしまう」とコメント。「著作権の所有者は、DMCAを不正に利用し、YouTubeのようなサイトから政治的なコンテンツを削除する前に、言論の自由について考え、自らの主張を再度チェックするべきだ」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -