ニュース
» 2007年03月28日 16時07分 UPDATE

Second Life支局だより:Second Lifeニュース満載の日本語雑誌を読む

無料で手に入る日本語月刊誌「SLID LINER」には、Second Lifeのおすすめスポットやイベント情報、旬の話題など最新情報が満載だ。

[岡田有花,ITmedia]

 Second Lifeの日本人コミュニティーでは、日本人ユーザーが作った情報誌が無料で手に入る。「SLID LINER」(ソリッド・ライナー)という名の月刊誌で、最新となる第3号は全98ページものボリューム。Second Lifeのおすすめスポットやイベント情報、旬の話題などを、豊富な画像とともに日本語で紹介する、中身の濃い雑誌だ。


画像 自動発行BOX
画像 SLID LINER Vol.3の表紙。ページをクリックするとめくることができる

 SLID LINERの自動発行BOXは、日本人コミュニティーのさまざまな場所に置いてあり、記者は「Ikebukuro」SIMのファミリーレストラン「狢庵」前(Ikebukuro 155,78,21)で見つけた。BOXを左クリックすると、SLID LINERの1〜3号のどれが欲しいか尋ねるウィンドウが開き、1つ選ぶと「Inventry」の「Object」にSLID LINERが保存される。

 読むには、SLID LINERをアバターに装備する必要がある。Inventryを開き、SLID LINERをアバター上にドラッグ&ドロップすれば、表紙が現れる。表紙をクリックすれば開くことができ、ページをクリックしていくと、まるで紙の雑誌を読むように読み進められる。しおりをはさんでおけば、後で続きからから読むことも可能だ。


画像 目次
画像 AKIBA情報をレポートする「アキバ通信」
画像 U2のライブレポート


画像 mixiオフィスのレポートも
画像 不動産詐欺対策
画像 広告ページ

 最新号では「AKIBA」SIMのメイドカフェの様子や、Second Life内で行われたU2のコンサートレポート、土地選びのノウハウ、不動産詐欺の実態などを、充実した画像付きで紹介している。車やボートなどのオブジェクトを売るショップの広告も入っており、ショップに直接テレポートすることもできる。

 月刊誌だけに情報も新しく、今月開いたばかりのmixi採用オフィスのレポートもあった。記者の環境では1ページ分のデータをダウンロードするのに10秒以上かかってしまうこともあるが、待つだけの価値がある情報が満載だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -