ニュース
» 2007年03月29日 12時28分 UPDATE

世界ITランキング――デンマークが初の首位、日本は14位

世界経済フォーラムが発表した情報通信技術の整備度に関するランキングでは、首位のデンマークをはじめ北欧諸国が上位に名を連ねた。前回首位の米国は7位だった。

[ITmedia]

 世界経済フォーラムは3月28日、2006〜2007年の世界の情報通信技術(ICT)の整備度についてのランキングを発表した。過去最多の122の国や地域を対象とした今回のランキングでは、規制面や政府の指導力などが高く評価されたデンマークが首位に立った。日本は14位で、前回の16位からランキングを上げた。

 前回首位の米国は、イノベーションや高等教育での優位は変わらないものの、政治および規制環境面での評価が相対的に低く、7位となった。

 上位には、首位のデンマークのほか、スウェーデン(2位)、フィンランド(4位)、アイスランド(8位)、ノルウェー(10位)など、北欧諸国が名を連ねた。アジアでは、3位にシンガポールが入ったほか、香港が12位、台湾が13位、日本が14位、韓国が19位となっている。インド(44位)、中国(59位)は、インフラ面や個人レベルでのICT利用についての評価が低く、それぞれ前回から順位を下げた。

 ランキングでは、NRI(Networked Readiness Index)という指標を使用し、各国/地域のICT整備度を、ビジネス全般および規制面、インフラ面などの「環境」、個人や企業、政府によるICTの「利用態勢」、最新のICTの実際の「利用状況」の3つの視点から評価した。

世界ITランキングベスト20
順位 国/地域
1 デンマーク
2 スウェーデン
3 シンガポール
4 フィンランド
5 スイス
6 オランダ
7 米国
8 アイスランド
9 イギリス
10 ノルウェー
11 カナダ
12 香港
13 台湾
14 日本
15 オーストラリア
16 ドイツ
17 オーストリア
18 イスラエル
19 韓国
20 エストニア
(資料:World Economic Forum)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -