ニュース
» 2007年04月04日 07時39分 UPDATE

iPodユーザーが求めているのはFMラジオ機能――米調査

FMリスナーが対象の調査によると、iPod所有者の43%が次世代iPodにFMチューナー搭載を希望している。

[ITmedia]

 MP3プレーヤー、特にiPod所有者の多くが、次世代機にFMチューナー搭載を求めている――ロック音楽系ラジオ局のコンサルティング会社米Jacobs Mediaは4月2日、iPodを含む携帯MP3プレーヤー所有者を対象に実施した調査結果を報告した。

 調査は2007年2月後半から3月初旬にかけて、米国内のロック音楽系ラジオ局69局のリスナー2万5000人以上を対象に実施された。同調査は2005年2月から年1度行われており、今回で3回目となる。

 調査によると、MP3プレーヤー所有率は堅調に伸びている。ロックリスナー全体では、所有率は2006年の35%から2007年には47%へと上昇。オルタナティブロックリスナーのみでは、2007年の所有率は67%である。

 現在MP3プレーヤーを所有していないリスナーに対し、2007年中に購入する予定があるかどうかを尋ねると、45%は購入の可能性があると回答、12%は必ず購入したいと答えた。

 次世代MP3プレーヤーに求める機能は何かという質問に対しては、圧倒的に多かった回答がFMチューナー(33%)で、容量の増大、大画面化、ビデオ再生機能を上回った。特にiPod所有者では、43%が次世代iPodにFMチューナー搭載を希望すると答えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -