ニュース
» 2007年04月20日 07時39分 UPDATE

ユーザー生成コンテンツ市場、2010年には16億ドル規模に

ユーザーが作成するコンテンツ市場が急成長、特にGoogle、YouTube、Viacomの動きに注目だ。

[ITmedia]

 ユーザー生成コンテンツ(UGC)市場は今後も姿形を変えながら市場を拡大、2006年の8000万ドル規模から2011年には16億ドル規模に成長する――米調査会社In-Statが4月18日、報告した。

 UGCをめぐり、連日のように訴訟、買収、実験が展開されている。またこれらのコンテンツを対象とした広告宣伝の試みとともに、ビジネスモデルは日々変化し、UGC市場はダイナミックに変動している。特にGoogle、YouTube、Viacomは今後もメディアをにぎわせる、とIn-Statは見る。

 コンテンツ表示フォーマットとしては今後もFlashが主流。またUGCがPCよりもテレビで視聴される機会が増加するのに伴い、高画質コンテンツのやりとりが増え、大容量ファイルのアップロード、ダウンロードが頻繁に行われるようになるとIn-Statは分析している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -