ニュース
» 2007年05月15日 19時26分 UPDATE

ThomsonとReuters、事業統合で合意

ThomsonとReutersは事業統合により3年以内に年間5億ドルを超えるシナジー効果を見込む。

[ITmedia]

 英通信社Reutersとカナダの情報大手Thomsonは5月15日、事業統合することで合意したと発表した。

 ThomsonはReutersを株式および現金で買収する。Reuters株1株を352.5ペンスおよびThomson株0.16株と交換する。

 統合後のグループ名は「Thomson-Reuters」となり、Thomson Financial部門とReutersの金融・メディア部門を統合してその名称を「Reuters」とする。Thomsonの法務、税・会計、科学、医療事業は合わせて「Thomson-Reuters Professional」と呼ばれる。

 Thomsonの社長兼CEO、リチャード・J・ハリントン氏は統合完了をもって退任し、Reutersのトム・グローサーCEOがThomson-ReutersのCEOに就任する。Reutersの現COO(最高執行責任者)デビン・ウェニグ氏が統合後のReuters部門のCEOになる。独占禁止当局による統合承認はこれからという。

 両社は統合により、3年以内に年間5億ドルを超えるシナジー効果がもたらされ、また顧客はより豊富なコンテンツをシームレスに利用できるようになるとも述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -