ニュース
» 2007年05月15日 19時49分 UPDATE

日本の違法コピー率は25% 損害額は2140億円

日本の違法コピー率は世界で3番目に低かったが、損害額は前年より10%増え、世界ワースト5位だった。

[ITmedia]

 MicrosoftやAdobe Systemsら世界の大手ソフト会社で構成するBusiness Software Alliance(BSA)は5月15日、2006年の日本の違法コピー率は前年より3ポイント減の25%となり、世界で3番目に低かった、と発表した。ただ損害額は前年より10%増の約17億8000万ドル(約2140億円)となり、世界ワースト5位(昨年は7位)だった。

 全世界の違法コピー率は3年連続で35%。損害額は約400億ドル(約4兆8000億円)で、前年より15%・約60億ドル増えた。

 調査対象になった102カ国のうち、中国・ベトナムなど62カ国で違法コピー率が低下。中国の違法コピー率は82%で、2003年の92%から3年間で10ポイント低下した。中国政府が正規ライセンスソフトの使用促進に取り組んだことや、違法ソフトの監視を強化したことなどが奏功した。

  • 高違法コピー率上位10カ国
国名
アルメニア 95%
モルドバ 94%
アゼルバイジャン 94%
ジンバブエ 91%
ベトナム 88%
ベネズエラ 86%
パキスタン 86%
インドネシア 85%
ウクライナ 84%
カメルーン 84%

  • 低違法コピー率上位10カ国
国名
米国 21%
ニュージーランド 22%
日本 25%
デンマーク 25%
オーストリア 26%
スイス 26%
スウェーデン 26%
フィンランド 27%
英国 27%
ベルギー 27%

  • 高違法コピー損害額上位10カ国
国名 金額(単位:100万ドル)
米国 7289
中国 5429
フランス 2676
ロシア 2197
日本 1781
英国 1670
ドイツ 1642
イタリア 1403
インド 1275
ブラジル 1148

 調査はIDCが担当した。「調査年に稼働しているPCにインストールされたソフトの総数」から「同年に正規出荷されたソフト数」を引いた数を違法コピー数とし、「同年にインストールされたソフト総数」で割った百分率として算出した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -