ニュース
» 2007年05月16日 07時37分 UPDATE

「フレッツ」「ひかり電話」の障害復旧 NTT東

ネット接続サービス「フレッツ」とIP電話「ひかり電話」が、北海道と東日本14都道県の一部という広い範囲で利用できない状態になっていたが、障害発生から7時間経って全面復旧した。

[ITmedia]

 NTT東日本のネット接続サービス「フレッツ」と、IP電話「ひかり電話」が5月15日夕方から一部で利用できない状態になっていたが、障害発生から約7時間後の5月16日午前1時35分までに全面復旧した(関連記事参照)

 障害の原因など詳細については「調査中」としている。同社には午前0時30分までに、1万1300件の問い合わせがユーザーから寄せられたという。

 ひかり電話(オフィスタイプ含む)ユーザーが、障害が起きている最中に対応機器の電源をオン・オフした場合は、サービス回復後に再度、電源をオン・オフするよう呼びかけている。

 障害は午後6時44分ごろに発生。Bフレッツ約119万契約、フレッツADSL約150万契約、フレッツISDN約16万契約、ひかり電話約59万契約で影響が出た。

 地域別では、千葉、埼玉、神奈川は通じていたが、それ以外の北関東と北海道、東北、甲信越14都道府県で障害が起きていた。東京は23区以外のユーザーの一部に影響が出ていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -