ニュース
» 2007年05月23日 08時09分 UPDATE

ネットユーザーも音楽はやはりCDで――米調査

米国の18歳以上を対象とした調査では、楽曲購入の際にCDを買うとの回答が64%で、ダウンロード購入(41%)を上回った。

[ITmedia]

 楽曲を買うのはダウンロードよりもCDで――調査会社の米Greenfield Onlineは5月22日、楽曲購入に関する調査結果を発表した。調査は、米国の18歳以上1000人を対象にインターネット上で行われた。

 報告によると、楽曲購入の手段にCDの購入を挙げたのは回答者の64%で、インターネット経由でのダウンロード(41%)を上回った。ダウンロードを利用する人の53%は25〜44歳の年齢層で、55歳以上は11%だった。利用するサービスについては、32%が米AppleのiTunesを挙げたが、44%はサービス名を特定しなかった。

 楽曲購入の金額については、月当たり0〜10ドルとの回答が最も多く、回答者の58%。次いで、24%が月当たり11〜20ドルと回答した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -