ニュース
» 2007年05月25日 08時06分 UPDATE

Nokia、QUALCOMMを特許侵害で逆提訴

QUALCOMMによる相次ぐ特許訴訟に対抗し、NokiaがQUALCOMMを特許侵害で逆提訴。損害賠償と差し止めを求めている。

[ITmedia]

 フィンランドNokiaは5月24日、米QUALCOMMを特許侵害で米ウィスコンシン州西部地区連邦地裁に提訴したと発表した。これは、4月にQUALCOMMが同地裁に対し、Nokiaを特許侵害で訴えたことを受けたもの。Nokiaでは、QUALCOMMが4月の訴訟でNokiaに対し、差し止めを求めていることを指摘し、「従って、NokiaはQUALCOMMに対し損害賠償とともに、差し止めも求める」と対抗姿勢をあらわにしている。

 今回の「逆提訴」でNokiaは、QUALCOMMがGSM/WCDMAおよびCDMA2000チップセットで、Nokiaの特許6件を侵害したと主張。これらの特許は、主にマルチバンド・マルチモード技術に関連するもので、QUALCOMMは「Nokia特許を不正に使用して、当社の革新(的技術)をコピーした」としている。

 Nokiaのリック・シモンソンCFO(最高財務責任者)は「QUALCOMMはこの19カ月間に、Nokiaに対して11件の特許訴訟を起こし、損害賠償と差し止めを求めてきた」とした上で、「Nokiaは今回初めて、QUALCOMMのNokia特許の不正利用に対する対抗処置を取った」とコメントしている。

 また、NokiaはQUALCOMMによる訴訟について、「当社の製品はQUALCOMMの特許を侵害していない」との主張を再度強調している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -