ニュース
» 2007年05月30日 16時10分 UPDATE

NTT東「ひかり電話」ルータで正常に着信しない不具合

[ITmedia]

 NTT東日本は5月30日、光IP電話「ひかり電話」対応ルータ「PR-200NE」「RV-230NE」で、28日に行ったソフトウェアアップデートを適用した場合、正常に着信しない不具合が一部で発生したと発表した。

 28日に配信した新ソフトウェア「バージョン2.00」を適用した両機種のうち、ナンバー・ディスプレイ未契約かつ、電話機ポートのナンバー・ディスプレイ設定を「使用する」(初期設定のまま)にしていた場合、正常に着信できなくなった。

 電話機がナンバー・ディスプレイ非対応の場合は、通常のベルが鳴り出す前に5〜6秒間短いベルが鳴り、その間に受話器を取ると電話が切れた。ナンバー・ディスプレイ対応機の場合、通話は正常にできたが、電話機に「表示圏外」と表示された。

 不具合は、ルータ上の電話機ポートのナンバー・ディスプレイ設定を「使用しない」に設定すれば解消する。

 対象の機器は最大1万1024台。ユーザーからの問い合わせは30日午前10時までに60件あった。

関連キーワード

ひかり電話NTT


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -