ニュース
» 2007年05月31日 08時00分 UPDATE

Webブラウザの限界に挑戦――オフラインでもGoogleが利用可能に

どんな多機能なブラウザであっても、どんなに便利なWebアプリであってもインターネットに接続できなければ満足に利用できない。この“限界”に挑戦するGoogleが発表したのが「Google Gears」だ。

[鷹木創,ITmedia]

 Webブラウザの限界――。それはインターネットの接続環境だ。どんな多機能なブラウザであっても、どんなに便利なWebアプリであってもインターネットに接続できなければ満足に利用できない。この“限界”にGoogleが挑戦する。

レビュー記事はこちら

オフラインでも“仮想常時接続”――「Google Gears」

 5月31日、Googleは「Google Gears」と呼ぶプラットフォームを発表した。Ajaxなどの技術を活用したリッチコンテンツをオフラインでも利用できるようにする。エンドユーザー向けにはInternet Explorer 6以降やFirefox 1.5以降にインストールできる拡張機能として提供する。サンプルとしてRSSリーダー「Google Reader」をGoogle Gearsに対応させる。

st_gg00.jpg

 これまでオフラインでブラウザを利用する場合、ブラウザのキャッシュに残ったHTMLファイルや画像ファイルは閲覧できた。だが、JavaScriptなどを利用してサーバとやり取りするコンテンツの場合、逐次サーバへの通信が必要だったため、オフラインでの活用は難しかった。

 オフラインでもそうしたコンテンツを利用するため、Google Gearsではローカルサーバ機能、データベース保存機能、アプリケーションの動作領域といった3つのAPIを組み合わせた。Google Gearsを拡張機能としてブラウザにインストールすれば、ローカルサーバにHTMLや画像ファイル、JavaScriptなどを保存するとともに、Webサイト側のサーバが管理していたデータベースをブラウザ側に保存するようになる。利用するWebアプリがGoogle Gearsに対応していれば、ローカルPC内だけでWebアプリとデータベースの“通信”ができるようになるため、オフラインでも利用できるというわけだ。

 通信が断続的で不安定な地下鉄のような場所や、通信速度が遅い携帯電話による接続だったりする場合に「効果が大きい」(Googleデベロッパープログラムの責任者であるブラッド・テーラー氏)。サンプルとして公開しているGoogle Gears対応のGoogle Readerも、もともとは「地下鉄で移動中にフィードを読みたかったから作った」(Google Gearsプロダクトマネージャーのオスマン・ララキ氏)という。

 Google Gearsはバックグラウンドでデータをやりとりするため、オンラインになれば最新のデータをWebサイトのサーバからダウンロードする。オフライン中に更新したデータもサーバに反映されるという。

st_ggg01.jpgst_ggg02.jpg Googleデベロッパープログラムの責任者であるブラッド・テーラー氏(左)とGoogle Gearsプロダクトマネージャーのオスマン・ララキ氏(右)

Webアプリだけでなく、パッケージソフトの利用シーンをも変える可能性

 なお、Google Gearsは開発者向けにオープンソースとして公開する。ララキ氏によれば「若干の追加は必要だが、既存のWebアプリはコーディングの変更なしにGoogle Gearsに対応できる」という。Mozilla CorprationやOpera Softwere、Adobe Systemsなどとも幅広く協業し、いずれは「オフラインでブラウザを利用する際の標準化を目指す」(テーラー氏)というわけだ。

 ブラウザ上でのWebアプリがオフラインでも利用できるようになると、Webアプリユーザーにとって便利なだけでなく、ローカルでソフトウェアを利用していたユーザーにも影響が出るかもしれない。例えば、「Google Docs&Spreadsheets」である(3月20日の記事参照)。Google Docs&Spreadsheetsは共有機能や共同作業機能などが便利なWebアプリだが、インターネットに接続できないと利用できない。また、通常はパッケージのオフィスソフトを利用している場合、わざわざ共有機能のためだけにアプリケーションを切り替えるのは面倒だ。

 だが、Google Gearsに対応してインターネットに依存せずに利用できるようになれば、インターネット環境に接続していなくてもワープロや表計算機能を使い、インターネットに接続したときだけ共有機能や共同作業機能などの特徴的な機能を活用する――といったブラウザベースのシームレスな利用が可能になる。

 実は、FirefoxやOperaなどのWebブラウザでもオフラインで作業できる機能を強化する予定だ(3月19日の記事参照)。Webブラウザ以外では、Adobe Systemsの「Apollo」でもコンテンツをオフラインで利用できる。一方、Flashの対抗馬と注目されている「Silverlight」を発表したマイクロソフトだが、主力製品である「Office」シリーズをWebアプリ化するかどうかは現状では不透明。Mozilla、Opera、Adobeといった企業に協力を取り付けたGoogleが、オフラインでのブラウザの利用を推進することになる。

 5月31日に世界各国で開催するGoogleの開発者向けイベント「Google Developer Day 2007」でも、Google Gearsのデモンストレーションが行われる。

Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -