ニュース
» 2007年06月02日 08時56分 UPDATE

スウェーデンMindArk、中国の巨大仮想世界プロジェクトを受注

オンラインゲーム「Entropia Universe」のメーカーが、「Second Life」のLinden Labを抑えて中国の仮想世界プロジェクトを受注。同時に700万人がログインできる巨大ワールドを構築する。

[ITmedia]

 スウェーデンMindArkは5月30日、中国Cyber Recreation Development(CRD)が計画中の仮想世界構築プロジェクトを受注したと発表した。MindArkは、仮想世界「Entropia Universe」の運営企業。「Second Life」を運営する米Linden Labなどの競合を抑えてのプロジェクト獲得となったという。

 CRDは中国のサイバーエンターテインメント大手で、北京地方政府が推進する5カ年計画の一端を担う企業。MindArkがCRDと共同で構築するEntropia Universeは、700万人が同時にログインできる巨大な仮想世界となる予定で、年間10億ドル以上の売り上げを見込む。将来的には1億5000万ユーザーの獲得を目指すという。

 CRDのデビッド・リウCEOは「このプロジェクトにより、中国で1万人以上の雇用が創出される」と予測。

 現行のEntropia Universeは、惑星「Calypso」を主な舞台とした仮想世界で、さまざまなゲームや商品の売買などが可能。Entropia Universe内の仮想通貨「PED」(Project Entropia Dollars)は、固定レートで現実社会の通貨(ドル)と交換できるのが特徴となっている。

関連キーワード

RMT | Second Life | 仮想世界


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -