ニュース
» 2007年06月06日 08時35分 UPDATE

GoogleとSalesforce.comが提携

提携の一環として、SalesforceのCRMにGoogleのAdWords広告配信を組み合わせた製品の提供を開始。Salesforce.comはAdWordsの公式販売チャンネルとなる。

[ITmedia]

 米Salesforce.comと米Googleは6月5日、日本を含む世界43カ国を対象とした戦略提携を発表した。Salesforce.comがオンデマンドサービス企業として初の「Google公式販売チャンネル」となり、検索キーワード広告「AdWords」プラットフォームの再販を行う。

 この提携は、あらゆる規模の顧客企業を対象とした製品やサービスの提供を目指し、両社が「製品やパッケージング、販売促進リソースなどを相互に活用するため」のものだという。提携の一環としてSalesforce.comは、同社のCRM製品とGoogleのAdWordsを組み合わせた「Salesforce Group Edition featuring Google AdWords」の提供を開始。顧客企業は、キーワード広告の作成・配信からカスタマーサービスまでをSalesforce上で一貫して行えるようになる。5ユーザー版の利用料金は年間1200ドル。向こう30日間はプロモーション期間としてこれを半額の600ドルにし、またAdWordsへの出稿が初めてというユーザーには50ドル分のAdWordsクレジットを進呈する。

 Salesforce.comとGoogleは、慈善事業でも協業。両社は非営利組織(NPO)への寄付やサービスの無料提供などを行っているが、今回の提携により、そうしたNPOに対し、Salesforce Group Edition featuring Google AdWordsを無料で提供するという。

関連キーワード

AdWords | Google | ネット広告 | Salesforce.com


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -