ニュース
» 2007年06月08日 08時48分 UPDATE

6月のMS月例パッチは6件、詳細情報の事前提供開始

6件のセキュリティ更新プログラムのうち4件が「緊急」レベル。Windows VistaとIE 7にも影響する。

[ITmedia]

 Microsoftは6月12日(日本時間13日)、6件のセキュリティ更新プログラムを公開し、Windowsなどの深刻な脆弱性に対処する。7日に発表した事前通知で明らかにした。

 6件のうち4件は、最大深刻度「緊急」のWindows関連パッチとなる。うち1本は、Windows Vistaで動作するInternet Explorer(IE)7にも深刻な影響を及ぼす。いずれも脆弱性を悪用されるとリモートでコードを実行される恐れがある。

 残る2件の更新プログラムは、Office/Visioに影響する「重要」レベルの1件と、Windows Vista関連の「警告」レベルが1件となる。

 Microsoftは6月から事前通知を強化し、これまでよりも詳しい情報の提供を開始した。各更セキュリティ更新プログラムごとに、影響を受けるソフトと最大深刻度を、一覧表の形で公開している。

 更新プログラムはいずれもMicrosoft Baseline Security Analyzerを使って検出できる。一部はパッチ適用後、再起動が必要になる。

 また、悪意のあるソフトウェア削除ツールの更新版も同時にリリースされる。

関連キーワード

Internet Explorer | Office | パッチ | 脆弱性 | Windows


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -