ニュース
» 2007年06月12日 19時20分 UPDATE

Windows版SafariでmixiやYahoo!を表示してみると……

Windows版Safariは日本語表示に非対応。Yahoo!もmixiもまともに表示されないが、「Windows機なのにSafariを使っている」というだけでちょっと楽しいし、Apple自慢の高速動作は体感できる。

[岡田有花,ITmedia]

 米Appleが6月12日に公開した、Windows XP/Vista用のWebブラウザ「Safari 3」β版を、早速インストールして使ってみた。日本語表示には正式対応していないため、日本人にとっての実用性は現状では「?」だが、これまでMac専用だったSafariをWindows機で動かすのは楽しく、同社が誇る高速動作は確かに快適だった。

 まずは定番、Yahoo!JAPANにアクセスしてみよう。ロゴマークやバナー広告など画像・動画部分は表示されるが、テキストは英数字以外まるで表示できない。海外旅行中に見つけた日本語フォントの入っていないPCでうっかり日本のYahoo!にアクセスしてしまったような気分だ。

 mixiも日本語のテキストを表示できず、画像、数字、ローマ字のみ表示。記者のユーザートップページからは、ローマ字IDの友人の名前と、Safariに言及しているであろう友人の日記タイトルの「Safari3Beta」の部分だけが読めた。


画像 まるで穴埋めクイズのようなYahoo!JAPAN。「このリンクはこれかな?」と想像し、でたらめにリンクをクリックしてどのサービスに行き着くか試してみるのが案外楽しかった
画像 mixiのユーザートップページ。ニュースやキーワードランキングにときどき表示されている数字がちょっとミステリアス

 「もしかしたら、Mac関連のサイトなら表示できるかも」と考え、アップルジャパンのサイトにアクセスしてみたがやはりダメ。「Macお宝鑑定団」など定番のMacサイトも表示できなかった。Macサイトは普通、Macから更新してMacユーザーが見に来るものだろうから、Windows版Safariに急いで対応する必要もないか……。


画像 アップルジャパンのサイトも、表示できている日本語は画像になっている部分だけ。プレーンな日本語テキストは表示できない
画像 2ちゃんねるは何が何だか分からない

 英語サイトならもちろん、きれいに表示できる。米Yahoo!や米Appleのサイトは問題なく表示できた。


画像 米Yahoo!
画像 米Apple

画像 ITmediaは12日午後2時ごろWindows用Safariの日本語表示に対応した。国内大手ニュースサイトとしては最速だった……かも

 AppleはSafari 3について「Internet Explorer 7、Firefox 2、Opera 9といった主要ブラウザよりも高速」と主張している。記者は普段、FirefoxかSleipnir(Internet Explorerエンジン)を利用しているのだが、確かに、これらよりもサクサク動く印象を受けた。ちなみに記者のPCのOSはWindows XP SP2、メモリは512Mバイト、CPUはPentium 4/2.8GHz。

 記者はずっとWindowsユーザーでMacもSafariも使ったことがなかったが、iPodとiTunesは2年以上使っており、iTunesのユーザーインタフェースには慣れている。SafariのデザインはiTunesに似ており、“初対面”とは思えない親近感もわいた。

 Windows用Safariを日本語表示に対応させる“裏技”はあるようで、一部ユーザーがブログなどで公表し始めている。

 アップルジャパンは、Windows用Safari日本語β版の公開は「未定」としている。

関連キーワード

Apple | ブラウザ | Safari | Windows


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -