ニュース
» 2007年06月12日 20時40分 UPDATE

男子は狙うもの トイレに「的」広告

「的があるとつい狙う」という男子の脆弱性を突いた広告キャンペーンが始まる。Webサイトでは誰でも“命虫”体験が可能だ。

[ITmedia]

 殺虫剤メーカーのフマキラーは6月13日から、駅の男性用トイレの小便器を使った広告キャンペーンを展開する。「的があるとつい狙う」という男性心理の脆弱性を突き、広告効果に加えて環境美化意識の向上も期待している、という。

photo ニュースリリースには「キャンペーン期間中はどなたでも参加できます」とある

 東京・新宿の小田急線新宿駅構内の男性用トイレ3カ所で、小便器23器に特製「一発命虫」シールを貼っておく。当たると温度により模様が変化するようになっており、男性がつい狙ってしまうことによる飛散防止を図る、という。

photo 「キミもスナイパーになろう!」。一発命虫シールの「開発秘話」も

 公開したWebサイトでは、ハエを撃ち落とすゲームも公開。特に男子ではなくても、つまり女子でもつい狙ってしまう体験が可能だ。

 キャンペーンは7月12日まで1カ月間。

関連キーワード

トイレ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -