ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年06月19日 07時34分 UPDATE

MS、IPTVソフトを新ブランド「Mediaroom」で提供

「Microsoft Mediaroom」は、IPTVプロバイダー向けのプラットフォーム。デジタル動画配信などに加え、家庭内でのメディア共有サービスの提供機能など、新機能を追加した。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月18日、同社のIPTVソフトウェアプラットフォームをアップデートするとともに、新ブランド「Microsoft Mediaroom」として提供すると発表した。

 Microsoft Mediaroomは、デジタルビデオの録画やビデオオンデマンド、HDテレビなどの機能を備えた、IPTVプロバイダー向けのプラットフォーム。従来「Microsoft TV IPTV Edition」として提供されてきたもので、これまで各国のIPTVサービスプロバイダー18社以上が採用を表明し、うち10社で導入が進んでいる。新ブランド名は、同プラットフォームで可能となる「より幅広いエンターテインメント体験」を反映させたものだという。

 今回のアップデートにより追加された「パーソナルメディアシェアリング」機能では、ユーザーに対し、PC内の音楽や写真などをテレビ画面で楽しめるサービスが提供可能となる。このほか、カジュアルゲームやインタラクティブなTV番組サービスを可能にする機能や、複数のチャンネルや画面を同時に提供できる機能が追加された。

mediaroom

 Microsoftでは併せて、MMicrosoft Mediaroom対応のアプリケーション開発用ツールキットも発表している。

関連キーワード

IPTV | Microsoft(マイクロソフト)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.