ニュース
» 2007年06月25日 18時09分 UPDATE

Windows版Safariが日本語表示に対応

米Appleがこのほど公開したWindows用Webブラウザのパブリックβ新版「Safari 3.0.2 for Windows beta」で、日本語表示が可能になった。

[ITmedia]

 米Appleがこのほど公開したWindows用Webブラウザのパブリックβ新版「Safari 3.0.2 for Windows beta」で、日本語表示が可能になった。


画像
画像 前のバージョンではテキストを表示できなかったYahoo!JAPANやmixiも表示できるようになった

 新たに、英語以外の各国語表示に対応し、日本語も表示できるようになった。操作メニューなどは英語のまま。フォームから日本語を投稿することはできない。

 起動時間を短縮したほか、セキュリティー面を強化。安定性も向上させたとしている。

 Mac OS X用「Safari 3.0.2」パブリックβも公開された。セキュリティーや安定性を向上させたほか、レンダリングエンジン「WebKit」のメールやiChatなどへのサポートを拡張した。

関連キーワード

Safari | Apple | ブラウザ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -