ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年06月29日 13時41分 UPDATE

iPhoneのSafariはRSSリーダー搭載?

Appleサイトに一時掲載されていたiPhoneの画像には、RSSリストと思われる画面のスクリーンショットが。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 AppleはiPhone用のSafariでRSSアプリケーションを提供する模様だ。Apple公式サイトの新しいページを閲覧したユーザーが発見した。このページには当初、iPhone上のRSSリストと思われる画面のスクリーンショットが掲載されていたという。しかし現在では、メイン画面を表示したiPhoneの画像に置き換えられている。

 iPhoneは米国で6月29日に発売される。初期のレビューでは、iPhoneに搭載されているSafariはデスクトップ版のSafariと違い、RSSリーダーが内蔵されていないと伝えられていた。

 RSSフォーマットはここ数年で人気が上昇している。ブログからCNNなどの大手サイトまで、RSSフィードを使って新着記事やニュースを読者に「プッシュ」式で提供している。

 Marketcircle(本社カナダ)のアリカーン・ジェサCEOは、同社が無償提供しているiPhoneのWebシミュレータ「iPhoney」でRSSページを閲覧してみた。iPhoneyは、自分のWebページがiPhoneでどう表示されるかを確認できるWebデザイナー向けツール。

 ジェサ氏によると、iPhoneyで見るとページには何も表示されなかった。しかしこれは単純に、Appleが同サービスを有効にしていないだけかもしれないと同氏は言う。

 iPhoneyはユニバーサルバイナリのCocoaアプリケーションで、Objective-Cで書かれている。「当社のエンジニアが楽しいプロジェクトとして手掛けており、かつて当社を助けてくれたコミュニティーに恩返ししたい」とジェサ氏。

 Marketcircleが28日に発表したiPhoneyのアップデート版には、Flashなどのプラグインをすべて無効にできる機能が加わり、iPhoneを使ったWeb閲覧に一層近付いている。また、変更可能なユーザーエージェント、iPhoneのズーム機能に似せたWebページのスケール機能も追加された。iPhoney 1.1はオープンソース化され、SourceForgeから入手可能。

 Appleからのコメントは得られなかった。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.