ニュース
» 2007年07月03日 13時41分 UPDATE

YouTubeでゲームを宣伝、実はマルウェア

「YouTubeにゲームのデモビデオを載せました」――宣伝に釣られてゲームをダウンロードすると、マルウェアに感染してしまう。

[ITmedia]

 YouTubeを利用して、ユーザーを不正なソフトに感染させようとするスパムメッセージがブログやチャットルームに多数書き込まれていると、米FaceTime Communicationsのセキュリティ研究者が報告している。

 このスパムメッセージは、YouTubeに改造版GTA(Grand Theft Auto)のデモビデオを投稿したと宣伝している。デモビデオ自体は視聴しても危険ではないが、ビデオクリップに添えられた説明書きにゲームへのリンクが含まれている。リンク先のファイルを実行すると、正規のインストーラーのように見えるものが起動するが、実際はユーザーのマシンにマルウェアがインストールされる。

ah_fakedemo.jpg デモビデオを宣伝するスパムメッセージ

 このマルウェアはインストールが終了すると、マシンをシャットダウンする。セーフモードで起動するまでシャットダウンは続くという。

 問題のデモビデオをYouTubeにアップロードしたユーザーは、ほかにもPCにウイルスを感染させる様子の映像や致命的なウイルスの作り方のビデオを投稿しているとFaceTimeは伝えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -