ニュース
» 2007年07月03日 13時47分 UPDATE

ブログで質問、ワンクリックで投票・集計する「@nifty投票」

ブログ作者が設定した質問に、ブログ読者がワンクリックで回答を投票できるツール「@nifty投票」が公開された。コメントやトラックバックとは異なる気軽なコミュニケーションが可能としている。

[岡田有花,ITmedia]

 ニフティは7月3日、ブログ作者が設定した質問に、ブログ読者がワンクリックで回答を投票できるツール「@nifty投票」β版を、「@niftyラボ」で公開した。

画像

 「○○が好きですか?」など質問と、「好き」「まぁまぁ」「嫌い」など回答の選択肢、表示色などを設定し、出力されるHTMLコードを記事投稿画面に貼り付けると、設問と回答の選択肢がブログエントリーに表示される。

 ブロク読者は、回答をワンクリックするだけで投票でき、回答の割合を示した円グラフを確認できる。

 作成した投票フォームは公開・非公開の設定が可能。公開されているフォームを自分のブログに引用することもできる。Q&A機能付きプロフィールサービス「アバウトミー」で盛り上がっている質問も紹介・引用できるようにした。

画像 「読者が少ないブログ作者ほど1ページビューを大切にされているようです」と佐藤氏

 「コメントやトラックバックよりも気軽なコミュニケーションを提供したい」――同社コンシューマメディア部の佐藤直之氏は狙いを語る。

 同社の「ココログ」などでブログを始めても、コメントやトラックバックが付かなかったり、更新するネタが思いつかずに更新意欲が減退してしまうユーザーが少なくない。「mixiなどではユーザー同士が活発にコメントし合っており、それがモチベーションにつながっている」――ブログでも読者と気軽にコミュニケーションし、更新のモチベーションを高めたり、ネタを拾ってもらうためのツールとして開発した。

 読者が少ないブログ作者ほど使ってほしいという。「読者が多いブログユーザーはコメントやトラックバック、はてなブックマークなどで反響を確かめられる。そうでない方にこそ使ってもらい、反響を楽しんでほしい」

 投票画面上にテキスト広告や画像広告を掲出するほか、“タイアップ質問”を設定して広告媒体としても活用する計画だ。例えば、お茶メーカーとタイアップして「どんなお茶が好きですか?」という設問を設定。設問エントリーのデザインや回答の選択肢にそのメーカーのお茶を思い起こさせる要素を入れ込む――といったものだ。

 1年で国内の全ブログユーザーの10%・100万人の利用を目指す。

関連キーワード

ニフティ | ブログ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -