ニュース
» 2007年07月06日 17時35分 UPDATE

東京国際ブックフェア:漫画なのにしゃべる、動く――ブラックジャックの「Mマガジン」

手塚治虫の漫画に声や効果音をつけた動画「手塚治虫Mマガジン」と専用ビューアがブックフェアで紹介されている。効果音に合わせて漫画の画像を拡大したり揺らしたりと、臨場感を伝える工夫が満載だ。

[宮本真希,ITmedia]

 「ゴー」という効果音とともに、崩れるデパートのイラストが揺れる。閉じ込められたブラックジャックのイラストが大写しになり、「はあはあ」という息づかいも聞こえてくる――これはアニメではないが、漫画でもない。漫画に声や効果音、動きをつけた「モーションマガジン」(Mマガジン)だ。

 Mマガジンは、Windows Media Playerか携帯電話で再生できる動画コンテンツ。「漫画とアニメの中間。アニメよりも原作の世界観を忠実に再現できる」という。

画像 専用ビューア

 アルファシステムズが開発した専用ビューアでも閲覧でき、東京国際ブックフェア(8日まで)のアルファシステムズブースで展示されている。

 ブラックジャックのMマガジンは、手塚治虫生誕80周年を記念して作成された「手塚治虫Mマガジン」のコンテンツの1つ。アニメでは約20分ある1つのエピソードを5分ほどに短縮して気軽に見られるようにし、音声は独自にアフレコして収録。せりふはアニメや漫画よりも大幅に削減しているが、制作スタッフや声優もアニメ版と同じだ。

 アルファシステムズの閲覧ソフトは、テレビ型の赤いビューアでMマガジンが再生される。作品の選択から購入、視聴までビューア上で可能だ。

 Windows Media Playerで再生できるMマガジンは、ISPの動画配信サイトなどで有料配信しているが、「たくさんあるコンテンツの中から選ぶのは大変。専用ビューアならすぐにコンテンツに行き着く」(説明員)。ビューワーにCMを流すことも検討しているといい、「今後テレビの代わりにもなると思う」と期待する。

 現在はβ公開中で、8月31日までブラックジャック「閉ざされた三人」が無料で視聴できるほか、「どろろ」「火の鳥」のMマガジンも一部、無料配信中だ。本サービスは9月からで、価格は1エピソード当たり105円。

 携帯電話向けアプリも開発し、視聴用IDをトレーディングカードで配布する仕組みも作った。アプリをインストールした携帯で、カードに書かれた2次元バーコードを読み取れば視聴できる。カードはおもちゃのおまけとして同封したり、コンビニなどで販売する――といったことも検討している。

 世界配信も考えているという。「海外では日本のアニメが放送された後、原作の漫画が注目されるという流れがある。アニメと漫画をつなぐ新しいコンンツになるのでは」(説明員)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -