ニュース
» 2007年07月07日 08時11分 UPDATE

「尿から飲料水」変換できる宇宙トイレ、ロシアからNASAへ

NASAが国際宇宙ステーション用に、ロシア設計のトイレシステムを購入。2009年に計画されているクルーの増員に伴うものだという。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は7月3日、ロシア企業S. P. Korolev Rocket and Space Public(RSC Energia)と、国際宇宙ステーション用のハードウェア購買契約を締結したと発表した。契約は総額4600万ドルで、うち1900万ドルは、「ロシア設計のトイレシステム」の購買に充てられるという。

 このトイレは「個室」式。尿は自動的に別の装置に送られ、そこで飲用水に再生されるという。ステーション内の居住モジュール「Zvezda」では、既に同様のシステムが使用されている。

 NASAでは、ステーションのクルーの人数を、現在の3人から、2009年には6人に増やす計画。新しいトイレは、この増員に対処するためのものだという。

関連キーワード

JAXA | NASA | 宇宙 | トイレ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -