ニュース
» 2007年07月10日 09時16分 UPDATE

Google検索広告のトップに悪質サイト

SANSによると、Googleで特定の用語を検索すると、広告の最上位にマルウェアに感染させるサイトが表示されていた。

[ITmedia]

 Google検索で表示される広告の最上位に、マルウェアに感染させるサイトが置かれていたことが分かった。SANS Internet Storm Centerがサイトで報告している。

 問題の広告はGoogleでフリーテンプレートを検索すると表示され、「Kostenlos-Vorlagen.info」というサイトにリンクされていたという。なお、現在はこの広告は出てこなくなった模様。

 Kostenlos-Vorlagenのサイトには各種のマルウェアが置かれており、実行されるとユーザーのシステムに感染。Webブラウザの拡張機能を立ち上げて、IEがWindowsファイアウォールを通過できる状態にし、キーロガーで銀行口座情報を読み取って外部のサーバに送信してしまう仕組みになっていたという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -