ニュース
» 2007年07月12日 10時06分 UPDATE

「Pro」でなくても全画面表示――QuickTimeとiTunesが更新

QuickTimeの有料版と無料版の差別化ポイントの1つだった、全画面表示機能が、無料版でも可能になった。

[ITmedia]

 米AppleはQuickTimeとiTunesの最新版を公開した。それぞれソフトウェア・アップデート経由で更新できる。QuickTime 7.2ではフルスクリーン表示のサポートと、H.264コーデックの更新、iTunes 7.3.1ではiTunesライブラリへのアクセスに関する問題が解決されている。

 QuickTimeは無料の通常版以外に、有料のQuickTime Proが提供されており、Apple Storeでライセンスを購入することができる。価格は3400円。QuickTime Proは、通常版ではできない、ムービーの編集、別コーデックへの変換、書き出しが可能となっている。

 最新バーションでは無料版でも全画面表示ができるようになった。このほかに重大なセキュリティの問題を解決している。

 iTunesはMac OS X、Windows Vista/XP/2000に対応。QuickTimeはMac OS X、Windows Vista/XPをサポートしている。

関連キーワード

Apple | iTunes | Mac OS X | QuickTime | Windows


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -