ニュース
» 2007年07月13日 09時27分 UPDATE

iPhoneとMS Exchange間のメール同期が可能に

SynchronicaのMobile Gateway 3.0がiPhoneに対応。企業側でファイアウォールの設定変更を行わずに、企業内メールのiPhoneへの同期が可能になった。

[ITmedia]

 英Synchronicaは7月11日、携帯電話から企業内データへのアクセスを可能にするソフト「Mobile Gateway 3.0」で、米AppleのiPhoneとMicrosoft Exchange間の同期が可能になったと発表した。企業内ネットワーク側でのファイアウォールの設定変更や追加ソフトのインストールなしに、iPhoneで企業メールにアクセスできるようになる。

 Mobile Gatewayは、シームレスに企業ITインフラに統合できるミドルウェア。企業サーバからのメールの読み込みにMicrosoftのOutlook Web Access(OWA)を使用し、IMAPやSMTPを外部に公開する必要がないため、セキュリティ面での課題をクリアできるという。

 Mobile Gateway 3.0は、NokiaやSony Ericssonなど、主要メーカーのさまざまなスマートフォンに既に対応済みで、今回新たにiPhoneにも対応。メールは、iPhone搭載のメールクライアントに直接配信され、iPhone内のアドレス帳とも連係できるという。

関連キーワード

Apple | Exchange | Microsoft | サーバ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -