ニュース
» 2007年07月19日 08時22分 UPDATE

AdWordsから新聞広告を打てる――「Google Print Ads」拡充

Googleが、新聞広告販売プログラム「Google Print Ads」の対象を、全米のAdWords広告主に拡大。New York TimesやWashington Postなどへの広告出稿の仲介を行う。

[ITmedia]

 米Googleは7月18日、新聞広告販売プログラム「Google Print Ads」の拡充を発表した。同プログラムは、新聞50紙と一部の広告主を対象に2006年11月に開始したもので、現在では225紙以上、合計3000万部をカバーするまでに拡大。New York TimesやTribune Publishing、Washington Postなどの新聞社が参加している。今回の拡充により、AdWordsアカウントを持つ全米の広告主がGoogle Print Adsを利用できるようになった。

 Google Print Adsでは、AdWordsのインタフェースを通じて、地方紙・全国紙いずれの新聞広告スペースも購入できる。広告主が広告を掲載したい新聞を選んで入札、広告デザイン案をアップロードすると、新聞社が入札額やデザインを見たうえで採用・不採用の決定を行う仕組み。新聞社から広告主へのフィードバックも可能。

 Googleでは、新聞社側のメリットとして、これまで新聞広告を出稿したことのない広告主へのアクセスが可能となる点を挙げる。エリック・シュミットCEOは、「新聞は重要な情報源であり、強力なコミュニケーションツールでもある。Google Print Adsを通じて、新聞に、より多くの広告主をもたらすことができ、最終的には読者およびパブリッシャー、広告主の利益になる」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -