ニュース
» 2007年07月19日 08時27分 UPDATE

Oracle、Google MapsをOracle Field Serviceに統合

現場担当者の訪問ルートや、サービスが必要な顧客の場所などの確認・対応にGoogle Mapsを利用する。

[ITmedia]

 米Oracleは7月17日、フィールドサービス管理アプリケーションの「Oracle Field Service」に、Googleの企業向け地図サービス「Google Maps for Enterprise」を統合したと発表した。同社は併せて、「Oracle E-Business Suite 12」の一部として、Oracle Field Serviceのリリース12を提供開始したことも発表した。

 Oracle Field Serviceは、客先での修理業務といったフィールドサービス業務をサポートする、作業指示者とフィールドエンジニア向けのモジュール。Google Maps APIを組み入れたことで、作業指示者は、フィールドエンジニアの訪問経路とサービスが必要な顧客の場所を、Google Mapsベースのインタフェースで把握し、対応できるようになる。

 Google Maps for Enterpriseは、リリース11.5.10以降のOracle Field Serviceで利用可能。リリース12ではほかにも、アポイント確認のトラッキング機能など、フィールドエンジニアの日程管理に多くの新機能を追加。ダッシュボードも新しくなり、時系列に沿った作業計画や補充計画の作成が可能になった。

関連キーワード

API | Google Maps | Oracle


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -