ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年07月26日 08時32分 UPDATE

AT&T、Webで管理できるアドレス帳サービス発表

Mobile Backupは、携帯内のアドレス帳をWeb上で管理したり、AT&Tのサーバに自動的にバックアップできるサービス。携帯の紛失時には、端末上のアドレス帳をリモート消去することもできる。

[ITmedia]

 米AT&Tは7月25日、携帯電話用のアドレス帳サービス「Mobile Backup」を発表した。端末内の連絡先情報を、AT&Tのサーバに自動でバックアップするサービスで、Web上でアドレス帳の編集も可能。情報は、ワイヤレスで携帯端末に転送できるため、機種変更時にゼロから連絡先を入力し直す必要がない。

 連絡先情報は、Microsoft Outlook、Yahoo!、AOLからインポートすることもできる。AT&Tサーバへのバックアップ頻度は手動での指定のほか、「毎日」もしくは「毎週」から選ぶことも可能。携帯を紛失した際に、端末上の連絡先情報を、Mobile Backupサイトからリモート操作で消去する機能を備える。

 Mobile Backupは、まずMotorola製の6機種に対応し、今後、対象を拡大する計画。サービスの利用料金は月額1.99ドル。データのバックアップやアップデートのためのデータ通信料金は必要ない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.