ニュース
» 2007年07月27日 08時30分 UPDATE

SprintとGoogle、モバイルWiMAX用サービスで提携

両社は、モバイルWiMAX用のポータルを共同構築。Googleの検索エンジンのほか、Google AppsのサービスをWiMAXネットワーク上で提供する。

[ITmedia]

 米Sprint Nextelは7月26日、モバイルWiMAX用インターネットサービスの提供で米Googleと提携すると発表した。モバイルWiMAXネットワークの利用者に、Web検索やコミュニケーションツール、ソーシャルネットワーキングツールなどを提供するポータルを共同で構築する。

 今回の提携により、Sprintのネットワークや位置認識サービスと、Googleのホスティング型アプリケーション「Google Apps」を組み合わせたサービスが可能となる。ユーザーは、Webブラウジングや地域情報検索のほか、GoogleのWebメール、予定表、ワープロ&表計算などのサービスを、Sprintの高速ネットワーク上で利用できるようになる。Sprintは、「Googleとの提携は、Sprintのモバイルインターネット戦略における画期的出来事だ」とコメントしている。

 SprintはWiMAXネットワークを全米で構築中で、年内に一部地域でテストサービスを開始する。19日に発表した米Clearwireとの提携により、2008年末までに、約1億人の人口をカバーするネットワークを展開する予定。

関連キーワード

Google | 検索エンジン | WiMAX


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -