ニュース
» 2007年07月28日 07時50分 UPDATE

スクリーンセーバーを装うrootkit出現

タイトルは「Life is beautiful」というメール。しかしその実態は、スクリーンセーバーと見せかけてrootkitを組み込むスパムだ。

[ITmedia]

 スクリーンセーバーと見せかけて、実際はrootkitを組み込むスパムが出回っている――英セキュリティ企業Sophosが7月27日、警告した。

 メールのタイトルは「Life is beautiful」「Life will be better」「Good summer」などさまざまで、スクリーンセーバーに見せかけた添付ファイル(bsaver.zip)を開かせようとする。

 しかしzipファイルを開くと、トロイの木馬「Troj/Agent-FZB」に感染、セキュリティソフトに感知されない2つのrootkitを組み込まれてしまう。

 Sophosは「かっこいいスクリーンセーバーを入れよう」というメールには十分注意するよう促している。

関連キーワード

rootkit | スパム | トロイの木馬


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -