ニュース
» 2007年08月01日 17時31分 UPDATE

SDカード&DVD両対応のフルHDカメラ 松下が世界初

松下がAVCHDカメラ新機種を発表した。HDカメラとして世界で初めて、SDカードと8センチDVD両方に記録できるモデルや、1080i対応HDカメラとしては世界最小・最軽量のモデルを含む3機種。

[ITmedia]

 松下電器産業は8月1日、フルHD(1920×1080ピクセル)撮影に対応したDVカメラ3機種を発表した。HDカメラとして世界で初めて、SDメモリーカードと8センチDVD両方に記録できる「HDC-SX5」(8月25日発売)と、SDカード記録に対応し、1080i対応HDカメラとしては世界最小・最軽量の「HDC-SD7」(9月8日発売)、ビューファインダー付きのSDカード対応機「HDC-SD5」(8月25日発売)の3機種。

 それぞれ、映像をMPEG-4 AVC/H.264方式で記録するAVCHD規格に準拠。付属の4GバイトSDカードでHD画像を約40分録画できる。

画像 左からHDC-SX5、HDC-SD7(ブラックとホワイトの2色展開)、HDC-SD5

 HDC-SX5は、HD映像をSDカードか8センチDVDに記録可能。SDカードに撮った映像を8センチDVDにダビングすることもできる。

 HDC-SD7は体積約330ミリリットル、重さ約290グラム(本体のみ)のコンパクトボディで、1080i対応のDVカメラとしては世界最小・最軽量としている。

 HDC-SD5は、安定して持てる横型デザインで、HDC-SD7にはないビューファインダーを備える。

 オープン価格で、実売予想価格はHDC-SX5が15万円前後、HDC-SD5とHDC-SD7がそれぞれ14万円前後。HD映像を編集できるソフトも付属する。

関連キーワード

AVCHD | 最軽量 | MPEG-4 AVC | 松下電器産業 | 最小 | 世界初


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -