ニュース
» 2007年08月03日 08時52分 UPDATE

米マサチューセッツ州、ODFとOpen XMLの併用を決定

OpenDocument Formatへの移行を進めていたマサチューセッツ州だが、ODFと併せてOpen XMLも認める意向を明らかにした。

[ITmedia]

 オープンソースの文書フォーマットOpenDocument Format(ODF)への移行を進めている米マサチューセッツ州は8月1日、ODFと併せ、米MicrosoftのOpen XMLも文書フォーマットとして採用する意向を明らかにした。

 マサチューセッツ州では、ODFを公式文書のフォーマットとし、Microsoft Officeの利用を縮小していく計画を2005年に発表。しかし、障害者によるアクセスをサポートする機能はMicrosoftのフォーマットが充実しているとして、障害者擁護団体などが懸念を表明。同州では「当面の間」Microsoft Officeとの併用を認めるとしていた。

 今回の決定は、同州の個人や組織によるフィードバックを踏まえてのものだという。同州では、ODFとOpen XMLの両方を採用すると同時に、「今後も引き続き、ベンダーや商業的に偏ることなく、オープンなXMLべースの文書フォーマットの採用に努める」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -