ニュース
» 2007年08月21日 07時37分 UPDATE

米ベンチャー、64コアのプロセッサをリリース

Tileraが開発したプロセッサ「TILE64」は、64コアで構成。同社の技術では、数百、数千コアのプロセッサも可能だという。

[ITmedia]

 米Tileraは8月20日、プロセッサ「TILE64」の出荷開始を発表した。64のフル機能コアを搭載、各コアがLinuxなどのOSを動作させることが可能。米Intelのデュアルコア「Xeon」に比べて10倍の性能を誇り、1ワット当たりの性能(消費電力効率)は30倍以上だという。

 従来のマルチコアでは、データ転送路(バス)が1つの「交差点」で交差するため、コア数を増やすに伴いデータの「渋滞」が起こるが、TILE64ではバスを格子状に配置することで1つの交差点への集中を回避、性能の向上とスケーラビリティを実現したという。同社のアーキテクチャでは、数百・数千コアまで拡張可能で、プロセッサ開発での「10年ぶりの大進化だ」としている。

 Tileraは、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のアナント・アガーワル博士の研究の製品化を目指し、2004年に設立された企業。既に十数社がTILE64を採用、ネットワーキングやデジタルマルチメディア関連製品への組み込みを進めているという。

 TILE64には、周波数や入出力能力が異なる3タイプがあり、価格は1万個受注の場合で、1個当たり435ドルからとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -