ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年08月22日 08時19分 UPDATE

SNSのBebo、Windows Live Messengerをサイトに組み入れ

Beboは、MicrosoftがIMサービスで提携する初のソーシャルネットワーキングサービスとなる。

[ITmedia]

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の米Beboと米Microsoftは8月21日、インスタントメッセージング(IM)サービスWindows Live Messengerを、Boboに組み入れると発表した。Beboは、MicrosoftがIMサービスで提携する初めてのSNSとなる。

 Bebo会員は、Boboのサイト上でWindows Live Messengerを利用できるようになる。Bebo会員のプロフィールページには「IM Me」アイコンが表示され、ほかのBebo会員はこれをクリックするだけで、Windows Live IDの有無にかかわらず、簡単にチャットを開始できるという。

 また、BeboとLive Messengerの両サービス間では、連絡先情報を交換したり、友人を招待することも可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.