ニュース
» 2007年08月22日 15時31分 UPDATE

Second Lifeの日本企業は85社 半数以上が「参入支援」

Second Lifeで活動する日本企業・団体は計85社で、うち半数以上は参入支援サービス企業――こんな調査結果が発表された。

[ITmedia]

 3D仮想空間「Second Life」で活動する日本企業・団体は計85社で、うち半数以上は参入支援サービス企業――シード・プランニングがこのほど行った調査で、こんな結果が出た。

 参入支援企業は43社あり、Second Life内の土地を企業に販売したり、店舗を制作するなどしている。残り42社は自社の商品やブランドのプロモーションなどを行っている。

 業種はネット関連サービス業が28%と最多。次いで広告業が16%、サービス業が12%、通信業、製造業、公的機関がそれぞれ6%。

 Second Lifeで活動中の企業・団体に、普及に何が必要か質問したところ「ハイスペックなPCや携帯電話など通信環境の整備」「Second Life内で、ユーザーや企業が協力してイベントなどを実施すること」などが挙がった。

 同社は、Second Lifeは操作が難しく、ユーザーが何をしてよいか分からないなどの現状があると指摘。企業の参入支援から参入後のコンサルティングまでをトータルに行い、企業とユーザーを結びつける参入支援サービスが重要だとしている。

 調査は5月から7月にかけ、ヒアリングなどで行った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -