ニュース
» 2007年08月28日 15時11分 UPDATE

ソニー・Samsung連合、第8世代液晶パネル量産開始

ソニーとSamsung Electronicsの合弁会社・S-LCDは、第8世代(約2200×約2500ミリ)液晶パネルの量産出荷を始めた。秋からの予定を早めた。

[ITmedia]

 ソニーと韓国Samsung Electronicsの合弁会社・S-LCDは8月28日、第8世代(約2200×約2500ミリ)液晶パネルの量産出荷を始めた。秋からの予定を前倒しした。

 世界最大サイズの第8世代パネルで、46V型なら8枚、52V型なら6枚取れる。今年末までに、月産5万枚の量産体制を確立する予定。Samsungとソニーの46V型と52V型のフルハイビジョン液晶テレビに搭載する。

画像

 生産ラインは、両社が2000億円を投じて韓国に建設した(関連記事参照)

 液晶テレビ市場でライバルとなるシャープは、第8世代工場を昨年から稼働しており、今年8月1日には、第10世代の液晶パネルを生産する新工場を2010年3月稼働を目指して着工すると発表している。(関連記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -